デリヘル 開業 経営

スマホの方、こちらより資料をご参照願います。LinkIcon

デリヘル開業手続きにつき、お任せ下さい。開業後もサポートいたします。

デリヘル開業 手続き
 
お問い合わせ(フォーム)LinkIcon
メールはこちらまでお願いします。LinkIcon

デリヘル 開業
090-8483-9508  /   042-452-6477  (平日夜・土日祝可 ~22:00)
■従業者名簿 業務委託契約書 誓約書など作成いたします。お問い合わせ下さい。

業界精通・実績多数 デリヘル開業支援

誰も本当のことなど言わないさ(仕事が欲しいやつほど調子のいいことを言う)。 ならば、俺が言う。 

デリヘル開業

「ホームページ、隅から隅まで読みました」
 そう言ってくれる依頼者は素直に嬉しい。僕を理解、あるいは評価してくれていると思えるから。昔は、デリヘルの手続きを扱うことを表立って表明する人は少なかった。だが、今はいくらでもいる。そう、いくらでも。もっと報酬が安いところ、もっと目立った宣伝をしているところもいくらでもある。にもかかわらず、僕を選んでくれた依頼者には厚く感謝します。そして、開業者に盛業あれ。
 
■デリヘルHP作成、SEO対策他、ドメイン取得、レンタルサーバー、WordPress導入、サブドメイン、マルチドメインの活用などもご相談下さい。
 
■デリヘル開業セミナー、研修講師などにつきご相談下さい。

信頼と実績、差が出る業界精通度。行政書士、社労士としてのダブルサポート。デリヘル他、アダルトビジネスにつきご相談下さい。

デリヘル


■未希
未来への希望。
ほとんど笑顔を見せない未希。けど、あるとき、一緒にランチをしたときの彼女の気遣いは、僕にとっては可愛い未希そのものだった。一度、彼女は失敗した。だが、未希はそのまま業界に組み込まれることを選ばなかった。そして、2度目の挑戦、人には理解されにくい業種だ。未希の未来の希望ある限り。



■明日、子供の運動会なんですよね
10年ほど前になるだろうか。梅田のファッションヘルス、法的には違法な店で僕らは女の子の取材撮影を行っていた。
当時、違法か合法なんか、わからなかった。特に気にすることもなかった。今思えば、違法な店などいくらでもあった。
個室はわずか3部屋ほど。雇われ店長が足を引きずりながら、対応してくれた。身障者の認定を受けていたかは知らないが。
「明日、子供の運動会なんですよね。だから今日は早く上がりたいんですけど、無理かな」
小学1年生の子供。初めての運動会。もちろん、彼にも家族がいて、生活がある。けっして高い給料ではない。
「いつかは独立したいんですけどね」
そんなふうにも話してくれた。独立といっても、同じ業種だ。男も一度風俗業界に身を置いたなら、なかなか他の仕事に就くことはできやしない。
ましてや、けっしてもう若くはない。
僕自身、肩書きを代えながらもこのジャンルに深くかかわっているのは、思うに、あの頃、彼のような人と多く出会ってきたせいかなと思う。
あの頃と同じようなことを今なお、やり続けているということだろう。それを確認できる度に、僕は安堵する。そう、僕は変わっていやしない。



■強く、ちょっとだけ弱く
俺の友達、ピンクサロンで働き始めた。2人の子持ち、元タクシー運転手、40過ぎのオッサンだ。 
「男も女も金稼ごうと思ったらやっぱり風俗だね」だってさ。
世間はクリスマス、サンタクロースの着ぐるみ着せられて、毎晩「ハッスルタイム」とか叫びまくってるらしい。 
「子供には見せられない姿だよ」なんて苦笑い。いいじゃないか、いつかはわかってくれるさ。おまえ、立派だよ。
「別にもう死んでもいいんだけどな。保険金も入るし」なんてこと言うから、
そんなヤツに限って死ねねえもんさって言ってやったら、そいつ、悲しい顔してすぐにまた笑い始めた。
世の中、社会の裏側でしか働けないヤツもいる。みんな頑張ってるさ、みんな本当に。
比べて俺は何をしてるんだと落ち込みもすれど、落ち込むな、落ち込むな。いじけてみた、すねてみたところで、誰もかまっちゃくれねえ。
さあ、それより俺もがんばろう。強く、ちょっとだけ弱く。さあ、俺もがんばろう。強く、ちょっとだけ弱く。


デリヘル開業手続き お問い合わせ

℡  090-8483-9508  /  042-452-6477
お電話:平日夜・土日祝可(~22:00)